腰椎椎間板ヘルニアの症状

腰椎椎間板ヘルニアの症状

 

 

腰椎椎間板ヘルニアでよく見られる症状が、腰から足にかけての下半身の痛みやしびれです。もちろん、ヘルニアの発生箇所や状態、神経の圧迫具合などによって変わってきますが、腰椎椎間板ヘルニアの場合、大抵が腰より下の下半身の痛みやしびれなのです。

 

そして、腰椎椎間板ヘルニアの症状は、比較的軽い初期の段階では、長時間立ち続けることができなかったり、逆に長時間イスに座り続けることもできなくなるだけでなく、次第に足に力が入りにくくなり、短時間しか歩けなくなります。

 

また、神経根が圧迫されると、前かがみの姿勢で激しい痛みを生じるようになったり、この神経根の痛みをかばうために、体を横に傾ける疼痛性側弯という姿勢を取るようになり、背骨が曲がってしまいます。それに、膝を伸ばした状態で足を上に上げようとしても痛みで上げることができません。

 

まだ初期の段階で症状が軽ければ良いですが、重症化してくると腰椎椎間板ヘルニアの症状はますますひどくなります。特に、腰椎椎間板ヘルニアによって、坐骨神経に繋がる神経根が圧迫されると、坐骨神経痛を発症することもあるので注意が必要です。

 

さらに、馬尾神経が圧迫されると、下半身がしびれてきて神経が麻痺して感覚がなくなり、全く歩けなくなる以外にも、排尿や排便の機能障害を起こすこともあるのです。他にも、運動障害による筋力低下、感覚障害で足に物が触れていても何も感じない症状も現れたりします。