腰椎椎間板ヘルニアの原因

腰椎椎間板ヘルニアの原因

 

 

頸椎・胸椎・腰椎の3つある椎間板ヘルニアの中でも、最も多いのが腰椎椎間板ヘルニアです。背骨を構成している椎骨のうち下から数えて5つを腰椎と言い、腰椎椎間板ヘルニアは、この5つの腰椎のうち、1番上の第1腰椎から数えて4つ目の第4腰椎の椎体とそのすぐ下の第5腰椎の椎体の間以外に、1番下の第5腰椎の椎体とそのすぐ下の仙骨の間で発症します。

 

そして、この第4腰椎の椎体と第5腰椎の椎体の間や第5腰椎の椎体と仙骨の間に位置しているクッションの役割をしている椎間板が変形して、中の髄核の水分が減ってしまうことで、弱くなった繊維輪を突き破って、髄核が外に飛び出し、神経根や馬尾神経を圧迫するので、腰に痛みを生じます。では、何が原因で椎間板が変形して、腰椎椎間板ヘルニアを発症するのか見ていきましょう。腰椎椎間板ヘルニアには、いくつかの原因がありますが、避けることができない原因があります。

 

それが、年齢を重ねることによって衰えてくる椎間板の老化です。椎間板は20代に入ると徐々に老化が始まり、中の髄核の水分が減っていくことで周りの繊維輪が破れてしまい、髄核が外に飛び出して椎間板が変形することによって、神経を圧迫して痛みが発生するのです。ですから、高齢者の方であれば、誰もがいつ発症してもおかしくないと言えます。また、同じ老化でも椎間板ではなく、骨自体が老化してしまうことでも発症する可能性があります。

 

単に年齢を重ねることによる老化だけでなく、カルシウム不足によって骨が弱くなってしまい、骨粗しょう症や骨の形が欠けたりして、椎間板を押しつぶしてしまうのです。さらに、普段の生活の中でいつも姿勢が悪い状態でいて背骨が曲がったり、骨盤の位置がずれたりするのも原因の1つです。猫背になったり前かがみになったり、骨盤がずれて背骨も歪んでしまうと、椎間板がつぶれてしまいます。

 

他にも、急に思い荷物を持ち上げたり、運動で急に腰を動かすなどの無理な動きをしたり、デスクワークなどで長時間同じ姿勢でイスに座り続けることでも、腰に負担が掛かり腰椎椎間板ヘルニアの原因になります。なので、腰椎椎間板ヘルニアは、30代や40代の働き盛りの世代で多く発症しやいのです。