腰椎椎間板ヘルニアの治療

腰椎椎間板ヘルニアの治療

 

 

ひょっとして、腰椎椎間板ヘルニアになってしまうと、必ず手術をしなければならないと不安になっていませんか?実を言うと、腰椎椎間板ヘルニアは、症状が軽いものであれば、手術の必要がないばかりか、単純に安静にしているだけで症状が改善することがあります。なぜなら、軽い症状の場合、安静にしていることで少しずつ小さくなっていき、自然消滅するケースもあるからです。

 

通常は、よほど重症でない限りは、本来人間が持つ自然治癒力を利用した保存療法という治療法で治療していきます。もし、少し痛みが強ければ、少しでも腰への負担を減らすために、コルセットを装着するなどしてまずは安静にすることを心がけます。この時、よけいなマッサージは逆効果になるので、絶対に避けるようにした方が良いでしょう。

 

また、激しい痛みを抑えるためには、消炎鎮痛剤を服用したり、痛みの感じる神経の箇所にブロック注射という痛みや炎症を鎮めるための局所麻酔剤を注射して痛みを和らげていきます。そして、少し腰の痛みが和らいできたら、理学療法という治療法も有効です。

 

理学療法には、温熱療法・牽引療法・低周波治療などがあり、温熱療法では腰を温めることで、牽引療法では特殊な器具を使って腰椎を引っ張ることで、低周波治療では微弱な電気刺激を与えることで痛みを取り除いていきます。

 

さらに、症状の改善が見られてきたら、体操療法によって腹筋や背筋を鍛える運動も有効な治療法です。もしも、これらの保存療法を行っても一向に症状が改善することがなく、下半身に力が入らず感覚がなかったり、排尿・排便機能の障害が見られる場合は、手術を行うことも必要になってきます。

 

腰椎椎間板ヘルニアで行われる手術には、PLDDというレーザー治療があり、髄核にレーザーを照射することで、髄核の蒸散させることで、飛び出した髄核の一部分を取り除くことができます。他にも、LOVE法という全身麻酔をして背中を切開し、脊椎神経を圧迫しているヘルニアを取り除いたり、近年では、MEDというヘルニアを摘出する内視鏡視下ヘルニア摘出手術なども行われています。